(独)物質・材料研究機構、ジスプロシウムフリーネオジム磁石を開発

発表日:2014.03.26

(独)物質・材料研究機構は、希少金属(レアメタル)のジスプロシウムを一切使用しないで、ジスプロシウムを4%含む焼結磁石と同等の保磁力と同等以上の最大エネルギー積をもつネオジム磁石を開発したと発表した。ネオジム磁石はハイブリッド車用モータ用途の使用量が急増しているが、使用中に200℃程度に達するため、耐熱性に効果のあるジスプロシウムが使われている。しかし、原料の産地が限られた地域に偏在することや地政学的資源リスクが高く、使用量の削減が強く求められている。一方で、磁石を構成する結晶粒の微細化により、ネオジム磁石の耐熱性を高めることが知られている。今回、従来の焼結磁石の1/20程度の大きさの結晶からなる磁石に、体積膨張を押さえるという工夫をしながらNdCu合金を浸透させた。これにより開発した磁石は、ジスプロシウム4%含む磁石より優れた性能を達成したという。

情報源 (独)物質・材料研究機構 プレスリリース
(独)科学技術振興機構(JST) 共同発表
機関 (独)物質・材料研究機構 (独)科学技術振興機構(JST)
分野 地球環境
キーワード 科学技術振興機構 | 希少金属 | レアメタル | 物質・材料研究機構 | JST | ジスプロシウム | ネオジム磁石
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS