環境省、平成26年度二国間クレジット制度を利用したプロジェクト設備補助事業の公募を開始

発表日:2014.04.21

環境省は、平成26年度二国間クレジット制度(JCM)を利用したプロジェクト設備補助事業を公募すると発表した(募集期間:平成26年4月21日~5月19日)。同事業は、JCMの活用を前提として途上国において優れた技術等を活用してエネルギー起源CO2の排出削減事業を行い、測定・報告・検証(MRV)を行うことで、JCMによるクレジットの獲得と日本の削減目標達成への活用を目指すもの。今回、同事業の執行団体である公益財団法人地球環境センター(GEC)が、国際コンソーシアム(日本法人と外国法人により構成され、事業実施を効率的に推進する組織)の代表事業者である日本法人から、案件を募集する。補助対象事業は、エネルギー起源CO2排出削減事業を実施できる設備の整備で、初期投資費用の1/2までが補助される。なお、二国間クレジット制度について、既に二国間文書に署名した国(2014年4月14日現在11カ国)が優先される。

情報源 環境省 報道発表資料
(公財)地球環境センター 平成26年度二国間クレジット制度を利用したプロジェクト設備補助事業の公募について
機関 環境省 (公財)地球環境センター
分野 地球環境
キーワード 環境省/CO2排出量/補助/排出削減/地球環境センター/設備/二国間クレジット/JCM
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS