環境省、ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理基本計画を変更

発表日:2014.06.06

環境省は、ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法第6条に基づくPCB廃棄物処理基本計画の変更について、平成26年6月6日付けで告示した。同省では、PCBについて、日本環境安全事業(株)(JESCO)による大規模な化学処理方式による処理を、平成16年に北九州事業から開始した。平成24年度末時点の処理進捗率は、高圧トランス等が56%、高圧コンデンサ等が44%。安定器等・汚染物は、平成21年に北九州事業、平成25年に北海道事業において処理を開始した。今回、処理開始後に明らかとなった課題への対応等により、当初予定していた平成28年3月までの事業の完了が困難な状況にあることから、同計画の1)今後の処理体制、2)主な取組(設備の点検・補修・更新や指導等の実施)を変更した。これにより、現状では平成49年度まで必要な高濃度PCBの処理期間を、平成37年度までに短縮し、ストックホルム条約で求められている年限(平成40年)までに処理を完了することが可能になるという。

新着情報メール配信サービス
RSS