NEDO、省エネ型住宅で太陽熱エネルギー活用システムを実証へ

発表日:2014.06.12

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、省エネ型住宅を用いて、気候区分に適合した、太陽熱エネルギーを効果的に活用するシステムなどの実証研究に着手すると発表した。NEDOでは、2011年度から2013年度まで、高性能断熱材、高機能パッシブ蓄熱建材、戸建住宅用太陽熱活用システムの開発を進めてきた。今回、公募により選ばれた住宅建築会社などが、高性能断熱・蓄熱建材や太陽熱活用システムを実装した住宅を設置し、住宅の消費エネルギーの約6割を占める空調・給湯エネルギーを半減できる可能性を実証する。また、北海道から沖縄県まで日本全国11地点での実証により、全国で有効に機能するシステムであることを確認する。実証住宅では、平成26年12月よりデータ測定を始める予定で、取得したデータを住宅の省エネルギー基準への反映等に活かせるよう関係各所と連携を進めるという。

新着情報メール配信サービス
RSS