三菱日立パワーシステムズ(株)など、北陸電力から富山新港火力発電所向けGTCC発電設備を受注

発表日:2014.06.10

三菱日立パワーシステムズ・三菱電機特定建設工事共同企業体は、北陸電力(株)から富山新港火力発電所向け出力42万4,700kWの天然ガス焚きガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)発電設備を受注したと発表した。GTCC発電設備は、ガスタービンでの発電に加え、その高温排ガスを利用して蒸気タービンでも発電ができる高効率発電システムで、資源の有効利用と環境負荷低減に役立つ。北陸電力では、石炭を燃料とする石炭火力発電所1基を、天然ガス(LNG)を燃料とするGTCC発電設備1基に更新(リプレース)することとしている。今回供給する設備は、世界最高レベルの効率を誇るガスタービンを中核機器とする高効率のGTCC発電設備で、運転開始は2018年度の予定という。

新着情報メール配信サービス
RSS