京都大学、パラジウムの水素吸蔵量・吸蔵速度が2倍になることを発見

発表日:2014.07.14

京都大学は、理学研究科の北川宏教授の研究グループが、パラジウム(Pd)の水素吸蔵量・吸蔵速度が2倍になることを発見したと発表した。白金族元素のPdは、水素化反応触媒や自動車の排気ガス浄化用の触媒、及び燃料電池の電極触媒として使用されている。一方で、水素を吸蔵することができることから、水素吸蔵金属や水素分離膜としても実用化研究が盛んに行われている。今回研究グループでは、Pdナノ結晶の表面原子配列を精密にコントロールすることで、水素の吸蔵速度を変えることに成功した。また、Pdナノ結晶を金属イオンと有機配位子からなる多孔性金属錯体(MOF)で被覆すると、水素吸蔵量は被覆していない結晶に比べて2倍になり、水素の吸蔵・放出速度も2倍になることを発見した。さらに、このような水素吸蔵特性の飛躍的な向上の原因が、Pdナノ結晶とMOFとの界面で起こる電荷移動であることを突きとめた。今後、様々な金属とMOFとの組み合わせにより、革新的な材料が創製されると期待されるという。

情報源 京都大学 研究成果
(独)科学技術振興機構(JST) 共同発表
SPring8 プレスリリース
機関 京都大学 (独)科学技術振興機構(JST) (公財)高輝度光科学研究センター
分野 地球環境
キーワード 燃料電池 | 水素 | 科学技術振興機構 | 触媒 | 京都大学 | JST | パラジウム | 吸蔵 | 結晶 | 水素化
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS