三菱商事(株)、欧州バイオペレット市場に本格参入

発表日:2008.09.24

三菱商事(株)は、ドイツの大手バイオペレット製造・販売メーカーVis Nova Trading社の株式の45%を取得し、経営に参画することにより、EUのバイオペレット市場に本格的に参入すると発表した。バイオペレットは、木屑等の未利用のバイオマスを円柱状に圧縮成型した再生可能燃料で、単位発電量あたりのCO2排出量がもっとも多い石炭と混焼することでCO2削減効果が得られる。EUでは、発電電力量に対する再生可能エネルギー由来の発電比率を、現在の比率(各国5~15%程度)から、2020年にEU全体で20%まで引き上げる目標設定を行っており、今後、バイオペレットの需要の爆発的な伸びが予想されている。同社は、今後新規プロジェクトの企画立案・ファイナンス・マーケティング面でVis Nova Trading社と協業し、欧州におけるバイオペレットメジャー供給者を目指すという。

新着情報メール配信サービス
RSS