環境省、(仮称)横浜町雲雀平風力発電事業に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2014.07.24

環境省は、(仮称)横浜町雲雀平風力発電事業に係る環境影響評価準備書について、平成26年7月24日付けで経済産業大臣に対し環境大臣意見を提出した。同事業は、くろしお風力発電(株)が青森県横浜町及び野辺地町に、総出力32,200kW(2,300kW×14基)の風力発電設備を新設するもの。事業実施区域及びその周辺には、ノスリ等の猛禽類やヤマシャクヤク等の重要な植物の生息・生育が確認されているほか、多くの風力発電所が設置済み・計画中である。今回の環境大臣意見では、1)風力発電設備の色彩、明度等について、周辺の風力発電所や自然景観等と調和した景観とすること、2)騒音等及び猛禽類等の調査を実施し、その結果を周辺の風力発電事業者と共有し、協働して地域全体の効果的な環境保全措置を講じること、等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
自然環境
大気環境
水・土壌環境
環境総合
キーワード 風力発電 | 環境省 | 騒音 | 環境保全 | 植物 | 環境影響評価 | 青森県 | 環境大臣意見 | 猛禽類 | くろしお風力発電
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS