NEDO、水素社会の到来を告げる「NEDO水素エネルギー白書」を発行

発表日:2014.07.28

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、将来の水素社会の実現に向け、水素エネルギーに関する社会の理解を一層深める観点から、「NEDO水素エネルギー白書」を取りまとめたと発表した。同白書は、水素そのものの特徴から、エネルギーとして利用することの意義、水素社会実現に向けた政策動向、製造、輸送・貯蔵、利用まで関連する技術動向、現状の課題と今後の方向性など、水素エネルギーを取り巻く国内外の情報を体系的に集約したもの。1)日本の課題である、エネルギー・セキュリティの確保、環境対策及び産業競争力の強化の3つを実現する上で、水素社会の構築が不可欠、2)国内では2030年には1兆円規模の市場が立ち上がり、2050年には8兆円に達成する見通し、3)新たな利用技術として、ガスタービンなどの燃料に水素を利用する水素発電技術が有望としている。今後、水素社会実現に向けた議論の基礎や、技術開発の指針として活用されることを期待しているという。

新着情報メール配信サービス
RSS