京都市、民生・業務部門民間施設BEMS先行導入支援補助金の公募を開始

発表日:2014.10.02

京都市は、京都市民生・業務部門民間施設BEMS(ビルエネルギー管理システム)先行導入支援補助金の公募を開始すると発表した(受付期間:平成26年10月6日~27日)。同市では、平成26年度、エネルギーの使用量を把握し、エネルギーを賢く使うことができるシステムであるBEMSを普及させ、民生・業務部門における省エネ・節電対策を支援するため「BEMS普及コンソーシアム京都」を設立した。今回募集する補助金は、同コンソーシアムが、BEMSを先行導入する際に必要となる費用の一部を助成するもの。補助対象事業は、京都市内の民生・業務部門の事業者がBEMSを設置し、導入効果の検証や省エネルギー対策の検討を行うとともに、その結果を京都市の求めに応じて報告する事業。BEMSを設置・活用するために必要となる「設計費、工事費、付帯工事費、機械器具費、測量費及び試験費、事務費その他市長が必要と認める経費」の1/2以内(上限50万円)が補助されるという。

新着情報メール配信サービス
RSS