帝人、白金を使わない燃料電池触媒を開発

発表日:2014.11.11

帝人(株)は、白金を使わない燃料電池触媒「カーボンアロイ触媒(CAC)」を開発したと発表した。燃料電池は、発電時にCO2などの温暖化ガスを排出しないため、低炭素社会に貢献するクリーンな次世代エネルギーとして、工場における大規模発電やオフィスビルの非常用電源などに使用されている。触媒には多量の白金が必要となるが、白金は高価かつ特定地域に偏在する資源であることから、燃料電池のさらなる普及には、安価で容易に調達できる白金代替触媒の開発が大きな影響を与える。今回開発したCACは、炭素繊維の原料でもあるPAN(ポリアクリロニトリル)と鉄を原料とする非白金触媒。PANは白金に比べ、安価かつ容易に調達できるため、触媒の大幅なコストダウンや量産化促進が期待できる。また、CACを触媒として使用した燃料電池は、非白金触媒として世界トップレベルの発電性能を発揮する。同社では今後、CACのさらなる高性能化や耐久性向上を図るとともに、燃料電池として実用に耐え得る特性の発現に注力し、2025年までの実用化を目指すという。

新着情報メール配信サービス
RSS