川崎重工、富士石油向けに新開発のボイラを採用したボイラ・タービン発電設備を受注

発表日:2014.11.12

川崎重工業(株)は、富士石油(株)から袖ケ浦製油所で生産される固形のアスファルトピッチを主燃料としたボイラ・タービン発電設備を受注したと発表した。同設備は、既設のボイラ設備によるプロセス蒸気の供給と電力会社による電力供給からの転換を図るためのもので、アスファルトピッチの有効利用により製油所内でのエネルギーコスト低減に寄与する。設備の中核となるボイラには、アスファルトピッチやオイルコークスなど固体燃料にも適用でき、低NOxと低ばいじんを両立できる新開発のボイラを採用。また、炉底部にホッパを設置することで連続的な灰の搬出が可能となり、灰分を含んだ燃料にも対応できる。さらに、高性能な排煙処理設備(脱硝装置、乾式電気集塵機、脱硫装置、湿式電気集塵機)を設置し、環境基準の厳しい袖ケ浦地区の周辺環境に配慮した仕様となった。完成は、2017年6月末の予定。

新着情報メール配信サービス
RSS