日産とエナリス、EVを活用したエネルギーマネジメントの可能性を検証

発表日:2014.10.16

日産自動車(株)と(株)エナリスは、電気自動車(EV)と電力供給システム(V2H)を活用したエネルギーマネジメントの実証実験を、平成26年10月より開始したと発表した。今回の実証実験は、ピーク時供給力調達や予備力調達を目的としたディマンドリスポンス(DR)サービスを実施して、ネガワットによる電源代替の経済的な活用可能性や、大規模電源脱落時などの短時間での需給調整が必要な際の活用可能性について、調査・評価を行うもの。具体的には、EVバッテリーから建物に電力を供給するV2H、V2Bを活用した節電行動の有用性、および、インセンティブ(報酬)による経済性の効果・検証・分析を行う。日産では、神奈川日産自動車(株)の店舗において、営業中に点灯している店舗ショールーム等の照明にV2Hを接続し、節電要請があった際にV2Hから照明に電力を供給することで、系統電力の負荷を低減するという。実証期間は、2014年10月から2015年1月で、平日8時から20時の間の3時間、月2~3回の節電要請を受ける予定。

情報源 日産自動車(株) ニュースリリース
(株)エナリス ニュースリリース
機関 日産自動車(株) (株)エナリス
分野 地球環境
キーワード 電気自動車/日産自動車/EV/実証実験/エネルギーマネジメント/電力供給/節電/V2H/エナリス
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS