トヨタ自動車、セダンタイプの新型燃料電池自動車を発売

発表日:2014.11.18

トヨタ自動車(株)は、セダンタイプの新型燃料電池自動車(FCV)を、2014年12月15日から発売すると発表した。FCVは、水素と酸素を化学反応させて電気をつくる「燃料電池」を搭載した車で、将来の水素社会の一翼を担い、エネルギー多様化への対応をさらに加速させるものと期待されている。今回発売するFCVは、自社開発のFCスタックや高圧水素タンクなどで構成する燃料電池技術とハイブリッド技術を融合したフューエルセルシステムを採用。内燃機関に比べてエネルギー効率が高く、走行時にCO2や環境負荷物質を排出しない優れた環境性能を実現するとともに、3分程度の水素の充填で走行距離約650km(JC08モード)を達成するなど、ガソリンエンジン車と同等の利便性を実現した。同社では、水素ステーションの整備が予定されている地域、及びその周辺地域を中心に販売を開始し、価格は約724万円となる。なお、同車は、国土交通省から道路運送車両法の第75条に基づく型式指定を、燃料電池自動車として初めて取得している。

新着情報メール配信サービス
RSS