環境省、(仮称)尻別風力発電所に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2014.12.09

環境省は、(仮称)尻別風力発電所に係る環境影響評価準備書について、平成26年12月9日付けで経済産業大臣に対し環境大臣意見を提出した。同事業は、風力開発(株)が北海道寿都郡寿都町及び磯谷郡蘭越町に、総出力26,000kW(2,000~2,300kW×最大13基)の風力発電所を新設するもの。風力発電設備が設置される場所は、過去に改変された土地を主とする「海岸部」、牧草地の「雷電山山麓部」、牧草地・ササ草地・エゾイタヤ等の落葉広葉樹林の「尻別川河口部南側の尾根」の3箇所。今回の環境大臣意見では、1)調査が実施されていない改変区域において動植物調査を実施し、環境保全措置を講ずること、2)生態系上位種であるノスリへの影響低減のため、再評価を行い、その結果に応じて基数の削減、配置の見直し等の影響低減措置を再検討すること、3)バードストライクに関する事後調査において、重大な影響が認められた場合には、環境保全措置として、一定期間の稼働停止についても検討すること、等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
自然環境
環境総合
キーワード 風力発電 | 生態系 | 環境省 | 北海道 | 環境影響評価 | 動植物 | バードストライク | 環境大臣意見 | 風力開発 | ノスリ
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS