岩谷産業とセブン-イレブン、水素ステーションを併設した店舗を展開

発表日:2014.12.10

岩谷産業(株)と(株)セブン-イレブン・ジャパンは、水素ステーションを併設した店舗を展開すると発表した。これは、店舗併設に関する包括合意書を締結したもので、2015年度に東京都と愛知県に併設店舗2店舗を順次オープンする。両社の将来性と日用性を融合し、「商品」「サービス」「クリーンエネルギー」を一ヶ所で提供することができる地域インフラとしての拠点づくりを目指す。また、セブン-イレブン店舗では、純水素型燃料電池を活用した店舗の環境負荷低減について実証実験を行い、小売店舗における燃料電池活用の将来性について検証する。岩谷産業では、これらの取り組みを通して、水素インフラの基盤確立に一層力を注いでいく。一方、セブン-イレブンでは、これからも「省エネ」「創エネ」「蓄エネ」による総合的な節電に積極的に取り組むことで、総電力使用量の削減とともに、環境にやさしい店舗づくりに取り組んでいくという。

新着情報メール配信サービス
RSS