NEDO、海洋エネルギー発電の実現に向け、研究開発を拡充・加速

発表日:2014.12.25

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、平成26年度「海洋エネルギー技術研究開発」において、新たに4テーマを採択したと発表した。NEDOでは、海洋再生可能エネルギーの利用促進と共に、海外市場をリードする技術の創出や国内のCO2大幅削減への寄与などを目指し、2011年度から海洋エネルギー発電技術の研究開発事業を実施している。今回、世界でまだ実用化されていない海洋エネルギー発電について、従来の事業(13テーマ)と並行して、潮流や海流、波力など、新たに4テーマを採択した。1)海洋エネルギー発電システム実証研究:垂直軸直線翼型潮流発電、水中浮遊式海流発電の2件、2)次世代海洋エネルギー発電技術研究開発:リニア式波力発電、橋脚・港湾構造物利用式潮流発電の2件。これにより、実海域における実証研究と発電性能や信頼性の向上、発電コストの低減等に関する要素技術の研究開発を拡充・加速し、海洋エネルギー発電技術を実現するとともに、海洋エネルギー産業の新規創出、エネルギーセキュリティーの向上を目指すという。

情報源 (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) ニュースリリース
(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 公募情報
(株)IHI プレスリリース
(株)東芝 プレスリリース
中国電力(株) プレスリリース
機関 (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
分野 地球環境
キーワード 再生可能エネルギー/新エネルギー・産業技術総合開発機構/NEDO/研究開発/海洋エネルギー/波力発電/潮流発電/海流発電
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS