兵庫県、平成26年度「ひょうごバイオマスecoモデル」を決定

発表日:2015.01.15

兵庫県は、平成26年度「ひょうごバイオマスecoモデル」に新たに3件の取組を登録すると発表した。同県では、再生可能な生物由来の有機性資源(バイオマス)を、エネルギー化や肥料化などの利活用を総合的に進めることにより「廃棄物ゼロ」をめざす、「『農』のゼロエミッション」を推進している。また、その一環として、平成17年度に「ひょうごバイオマスecoモデル」制度を創設し、バイオマスを利活用した先導的取組の登録、紹介を行ってきた。今回、平成26年6月16日から9月24日にかけて、同モデル登録案件の募集を行った結果、新たに3件(累計59件)を登録することを決定した。1)NPO法人バイオマス:「木の駅」とペレット製造等による地域活性化など、2)(株)バイオマスたんば:未利用材からの燃料用チップの製造、3)神戸市建設局西水環境センター:下水汚泥からのバイオガス発電。同県では、平成27年2月13日に開催される「『農』のゼロエミッション推進大会」において、登録証授与式並びに取組事例の紹介を行うという。

新着情報メール配信サービス
RSS