環境省、第三次循環型社会形成推進基本計画の進捗状況の第1回点検結果を公表

発表日:2015.02.13

環境省は、第三次循環型社会形成推進基本計画(循環基本計画)の進捗状況の第1回点検結果について公表した。第三次循環基本計画では、中央環境審議会は、毎年度、計画の着実な実行を確保するため、計画に基づく施策の進捗状況の評価・点検を適切に行うとされている。今回の点検結果では、循環基本計画に定められている日本におけるものの流れ(物質フロー)に係る指標は、近年横ばいの傾向があり、3Rの取組を徹底する必要があることが示された。また、2Rの取組を進めるための社会システムの在り方の検討や事業者等による取組、環境配慮設計、生物多様性や低炭素化との統合、地域循環圏づくり、循環資源のエネルギー源への利用、国際資源循環への取組等を進めるとともに、進捗点検の方法を見直し、実態を反映した評価、要因分析等を行うことが必要である、と指摘している。

新着情報メール配信サービス
RSS