京都市と大阪ガス、京都市内初の水素ステーションを設置へ

発表日:2015.04.13

京都市と大阪ガス(株)は、京都市内で初となる水素ステーションの設置が決定したと発表した。京都市では、国が進める水素社会の実現に向け、COP3開催都市、環境先進都市としての役割を果たすため、平成27年度から燃料電池自動車(FCV)のカーシェアリングなどに取り組むこととしている。一方、大阪ガスでは、水素社会の実現に向けて、小型の水素製造装置の開発、水素ステーションの建設、家庭用燃料電池「エネファーム」の普及などに取り組んでおり、現在整備中の北大阪水素ステーション(マザーステーション)で製造した水素を活用したドーターステーションの設置を検討している。こうした中、同社では、京都市内で初となる水素ステーション「上鳥羽水素ステーション(仮称)」を建設することとなった。開所時期は平成27年末頃の予定で、両者は連携を図りながら、FCVのカーシェアリングや水素ステーションの整備・運営に関する協議を進めていくという。

新着情報メール配信サービス
RSS