双日、ガーナで海水淡水化プラントの商業運転を開始

発表日:2015.04.24

双日(株)は、アフリカ・ガーナ共和国おいて、海水淡水化プラントの商業運転を2015年2月から開始したと発表した。これは、アベンゴアウォーター社と共同で出資、設立したベフェサ デザリネーション デベロップメント社(BDDG社)によるもの。サブサハラ地域初の海水淡水化事業であると共に、アフリカにおける日本企業初の海水淡水化への事業投資であり、日本企業のサブサハラにおけるインフラ事業投資案件の先駆けとなる。今回運転を開始した設備は、逆浸透膜(RO膜)を使用したもので、1日当たり最大6万トン、約50万人分に相当する飲み水を供給することができる。造水した水は、ガーナ水公社に25年間の長期売水契約に基づき販売されるという。

新着情報メール配信サービス
RSS