NEDO、燃料電池自動車の本格普及に向け新プロジェクトに着手

発表日:2015.06.05

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、燃料電池自動車(FCV)の本格的な普及に向け、燃料電池の飛躍的な高性能化・低コスト化、生産性の抜本的な向上を実現するため新たな研究開発プロジェクトに着手すると発表した。FCVの本格普及に向けては、FCVに使用される固体高分子形燃料電池(PEFC)の低コスト化に向けた白金使用量の低減、車種の拡大に向けた燃料電池の高性能化、燃料電池の生産性の大幅な向上といった技術課題が存在する。今回、新たな燃料電池の開発を効率的に実施するために有効な、以下のような基盤的な研究開発に取り組む。1)燃料電池の内部構造や反応メカニズムを様々な手法を駆使して解析する技術、2)商用車への適用を見据えた50,000時間(乗用車の10倍)の耐久性評価を可能とする技術、3)高性能化を実現する新規材料の、燃料電池への適用を可能とする設計指針(コンセプト)の創出。併せて、生産性の大幅な向上(現行の10倍程度)に寄与する新たなプロセス技術等の研究開発を推進するという。

情報源 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) ニュースリリース
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 公募情報
機関 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
分野 地球環境
キーワード 燃料電池 | 新エネルギー・産業技術総合開発機構 | NEDO | 燃料電池自動車 | 低コスト | 固体高分子形 | 耐久性 | 生産性 | FCV | 高性能
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS