NECなど、気候変動への適応策を定量評価する手法を開発

発表日:2015.07.14

日本電気(株)(NEC)は、(株)早稲田環境研究所と共同で、気候変動(地球温暖化)に伴う影響への備え「適応」に貢献した価値を定量的に評価する手法を開発したと発表した。NECでは、2014年に気候変動の「緩和」(CO2排出削減)と「適応」の両面での対応を強化するため、2020年度にサプライチェーン全体(Scope1~3)の環境負荷(CO2総排出量)に対し、5倍の環境負荷削減を目指す新たな環境経営目標を策定した。今回開発した定量評価は、温室効果ガス(CO2)の排出量の増加傾向と、気候変動による影響(自然災害や健康被害等)の増加傾向から、リスク毎の相関関係を見出し、ICT活用よって防げると推定できる被害の大きさや費用をCO2排出量の削減貢献量に換算した「係数」として設定するもの。この手法を用いて2014年度の「浄水セット・逆浸透2型」事業の貢献を定量的に評価した結果、貢献価値は9,800万円・10.4万t-CO2となったという。

新着情報メール配信サービス
RSS