香川県、森林の整備による「CO2吸収量認証書」を10企業・2団体に交付

発表日:2015.07.21

香川県は、森林の整備等によるCO2吸収量認証制度において、平成26年度の森林整備を対象として、平成27年7月24日付けでCO2吸収量を認証すると発表した。同制度は、企業・団体が県内で実施した植栽、間伐などの森林の整備等の効果をCO2吸収量の数値で認証するもの。同制度で認証されたCO2吸収量は「香川県生活環境の保全に関する条例」で特定事業者に作成を義務付けられている「地球温暖化対策計画」の中で、CO2の削減量として位置付けることができるほか、社会貢献の証として、企業のイメージの向上などに活用することができる。今回は、10企業・2団体を認証し、認証吸収量は17,650kg-CO2/年となった。同県では、県産間伐材ヒノキの割りばしを再利用した和紙の認証書を交付するという。

新着情報メール配信サービス
RSS