NEDO、マレーシア・プトラジャヤ市とスマートコミュニティ事業を実施へ

発表日:2015.07.22

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、マレーシアのプトラジャヤ市とEV(電気自動車)バスによるスマートコミュニティの実証と普及に向け協力を進めていくことで合意し、基本協定書(MOU)を締結したと発表した。東南アジア諸国の中でもマレーシア政府は、EVバス導入政策で先行しており、特にマレーシアの行政首都であるプトラジャヤ市は、都市計画としてグリーンシティを掲げているなど、マレーシア及びアセアン地域におけるEVバスのショーケースとして、最適な都市となっている。今回の事業では、2015年度から2年間、プトラジャヤ市において、長寿命且つ超急速充電が可能な二次電池搭載の大型EVバス11台、超急速充電器等を用い、熱帯気候でのEVバスシステムの走行実証を通じて、マレーシアにおける環境に優しい都市交通システムの実現に向けたEVバス実証を実施する。この事業を通じて、プトラジャヤ市の都市交通システムのスマート化を図るとともに、都市交通パッケージ事業の広域展開を図るという。

新着情報メール配信サービス
RSS