東京工業大、油脂高生産藻の脂質量と組成を改変する技術を開発

発表日:2015.09.07

東京工業大学は、海産性の油脂高生産藻類ナンノクロロプシスで、蓄積する脂質の量と脂肪酸組成を改変する技術を開発したと発表した。多くの藻類は窒素欠乏時に油脂を蓄積するが、窒素欠乏条件では藻類の生育が著しく阻害されることから、有用油脂の生産では、生育しながら油脂を貯める手法の開発が課題となっている。今回、ナンノクロロプシスのリン欠乏条件では、光合成の場である葉緑体を維持したまま、油脂を蓄積することを発見した。さらに、リン欠乏時に、細胞の膜中のリン脂質を糖脂質に転換する緑藻クラミドモナスと同様な仕組みがナンノクロロプシスで働いていることも見出した。そこでクラミドモナスから取得したリン欠乏応答性の糖脂質合成遺伝子プロモーターと油脂合成遺伝子を結合してナンノクロロプシスに導入した結果、脂質の蓄積を増強させるとともに、脂肪酸の組成を改変することに成功した。今後、リン欠乏応答プロモーターと種々の脂質合成遺伝子とをセットで藻類に導入することで、様々な高付加価値の油脂が工業規模で生産できると期待されるという。

新着情報メール配信サービス
RSS