東京大など、パラジウムの磁力を電圧で制御できることを解明

発表日:2015.09.22

東京大学と電力中央研究所は、パラジウム(Pd)に磁力を持たせ、その磁力を電圧で制御できることを明らかにしたと発表した。Pdは、自然界に存在する状態では非磁性体の金属として知られている。これまで、磁性体の物質に電圧を加えて磁力を消すことが可能であることは報告されてきたが、非磁性体の物質に電圧を加えて磁石化したり、非磁性体の状態に戻したりすることには成功していなかった。今回、Pdの薄膜にコバルト(Co)の薄膜を隣接させることでパラジウム自身に磁力をもたせた構造を作製し、その磁力の大きさを正負の電圧でコントロールできることを示した。一度作った材料の性質を、電気的にチューニングできれば、必要なときに、必要な特性を簡便・自在に得られるようになるばかりでなく、磁気デバイスに使われる材料の幅がさらに拡がる。今回の研究成果は、自然界では磁石として存在しない非磁性体の物質を、電気的に磁石化できる可能性に道を拓くものであるという。

情報源 東京大学大学院工学系研究科 プレスリリース
東京大学大学院工学系研究科 プレスリリース(PDF)
(一財)電力中央研究所 プレスリリース(PDF)
機関 東京大学 (一財)電力中央研究所
分野 地球環境
キーワード 東京大学 | 電力中央研究所 | 金属 | コバルト | 電圧 | パラジウム | 非磁性体 | 磁石化 | 磁気デバイス
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS