環境省、平成27年度「JICA等支援プロジェクト連携資金補助事業」の公募期間を延長

発表日:2015.10.19

環境省は、平成27年度「JICA等支援プロジェクト連携資金補助事業」の公募期間を延長すると発表した(受付締切:平成27年11月13日)。リープフロッグ型発展の実現に向けた資金支援事業は、民間企業等による優れた低炭素技術等の導入を促進し、途上国における温室効果ガス(GHG)を削減するとともに、二国間クレジット制度(JCM)を通じて日本国内のGHG排出削減目標の達成に資することを目的とするもの。今回、この事業のうち「JICA等支援プロジェクト連携資金補助事業」について、公募期間を延長する。同事業は、JICAや他政府系金融機関の出資・融資を受ける事業と連携して、先進的な低炭素技術を活用した地球温暖化対策に貢献する事業を実施し、GHG排出削減効果の測定・報告・検証(MRV)を行う事業。これにより算出された排出削減量を、JCMにより日本の排出削減量として計上することを目指して、事業者に対し優れた低炭素技術の初期投資費用の1/2を上限として補助を行うという。なお、事業の概要及び応募方法に変更は無い。

情報源 環境省 報道発表資料
(公財)地球環境センター 平成27年度JICA等支援プロジェクト連携資金補助事業の公募について(公募締切を延長しました)
機関 環境省 (公財)地球環境センター
分野 地球環境
キーワード 環境省/温室効果ガス/CO2排出量/排出削減/MRV/地球環境センター/GHG/二国間クレジット/低炭素技術/JCM
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS