NIMS、高信頼性と高効率を両立するペロブスカイト太陽電池の開発に成功

発表日:2015.11.02

物質・材料研究機構(NIMS)は、高信頼性と高効率を両立するペロブスカイト太陽電池の開発に成功したと発表した。ペロブスカイト太陽電池は、シリコン系太陽電池よりも低コストで製造が可能だと期待されている。しかし、これまでに高い変換効率を持つと報告された研究成果は、いずれもセル面積が小さく(約0.1cm2)、信頼性も低いものが多いため、実用化には、セル面積の拡大及び信頼性の向上が急務となっている。今回、同電池において、これまで電子抽出層とホール抽出層に用いられていた有機材料を無機材料に変更することで、セル面積1cm2以上で変換効率を16%に向上させると共に、実用化の目安とされる信頼性テストをクリアした。今後は、この成果をベースに、太陽光をより多く利用できる高性能材料を開発すると共に、界面を制御することによって、より高い変換効率と信頼性を持つペロブスカイト太陽電池の開発を目指すという。

新着情報メール配信サービス
RSS