環境省、平成27年度設備の高効率化改修支援モデル事業に係る3次公募の対象事業者を採択

発表日:2015.11.05

環境省は、(一社)温室効果ガス審査協会が、平成27年度設備の高効率化改修支援モデル事業に係る3次公募の対象事業者を採択したと発表した。同事業は、地方自治体の所有する各種施設や民生部門の施設等において、資金不足から、部品の劣化やメンテナンス不足により効率の低いまま稼働している設備の高効率化改修(エネルギー効率の向上に寄与する部品・部材の交換・追加及び交換等を実施した設備を稼働させるのに必要な調整)を支援することで、低下した効率の改善を促進し、費用効率的な二酸化炭素削減手法を確立することを目的とするもの。補助対象は設備内のエネルギー効率の向上に寄与する部品・部材の交換・追加及び交換等を実施した設備を稼働させるのに必要な調整。今回、同事業の3次公募に応募があった案件について審査を行った結果、12件を採択した。

情報源 環境省 報道発表資料
(一社)温室効果ガス審査協会 設備高効率化事業
機関 環境省 (一社)温室効果ガス審査協会
分野 地球環境
キーワード 環境省 | 二酸化炭素 | モデル事業 | エネルギー効率 | 改修 | 設備 | 高効率化 | 温室効果ガス審査協会
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS