富士経済、太陽電池や太陽光発電ビジネス市場等を調査

発表日:2015.12.17

(株)富士経済は、太陽電池と関連機器・システム、部材/原材料の市場、加えて電力小売サービスや再生可能エネルギー買取サービスなど太陽光発電を取り巻く関連ビジネスの市場を調査し、その結果をまとめた報告書「2015年版 太陽光発電ビジネスの最前線と将来展望」を発表した(調査期間:2015年8月~11月)。これによると、2014年の太陽電池モジュールの世界市場は、出力ベースでは拡大が続いており、55,935MW(前年比22.4%増)・3兆7,788億円となった。中国やインドの需要が増加しており、今後は東南アジアや南米、アフリカなど日照条件が良好な新興国の需要が増加するとみられ、2030年には2014年比で、2.2倍の123,600MW・1.6倍の6兆920億円になると予測される。一方、電力需給管理支援サービスの国内市場は、2014年度は30件・5億円となり、新電力事業者の増加に伴い市場が拡大し、2030年には2014年度比で、3.3倍の100件・3.2倍の16億円になると予測されるという。

新着情報メール配信サービス
RSS