東京大など、高オイル産生クロレラの全ゲノム解読に成功

発表日:2016.01.26

東京大学は、チェコ科学アカデミー・微生物学研究所との共同研究で、高オイル産生クロレラの全ゲノム解読に成功したと発表した。クロレラは、トレボウクシア藻綱に分類される淡水産の単細胞の緑藻で、最近ではバイオ燃料生産藻類の候補の1つとして注目され、デンプンやオイルの産生をコントロールできるようになってきている。今回、国立環境研究所に保存されているクロレラの一種パラクロレラ・ケスレリ(Parachlorella kessleri)の全ゲノム解読に成功した。得られたゲノム情報をもとにトランスクリプトーム解析を行い、代謝マップを構築することで、クロレラがデンプンやオイルを産生するときの各酵素の発現量を明らかにした。また、電顕3Dによって、クロレラのデンプンとオイル産生過程におけるオルガネラと蓄積物質の動態を初めて明らかにした。得られた全ゲノム情報は、藻類のゲノムや有性生殖の進化に関する基礎研究のみならず、バイオ燃料生産に関する育種や増産技術といった応用研究、カロテノイドや長鎖不飽和脂肪酸といった有用物質を産生させる研究などを加速することが期待されるという。

情報源 東京大学大学院新領域創成科学研究科 ニュース
科学技術振興機構(JST) 共同発表
機関 東京大学 科学技術振興機構(JST) 国立環境研究所微生物系統保存施設
分野 地球環境
キーワード バイオ燃料 | 国立環境研究所 | 東京大学 | 藻類 | ゲノム | 酵素 | 緑藻 | クロレラ | チェコ科学アカデミー・微生物学研究所
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS