東京都、「東京都下水道事業 経営計画2016」を策定

発表日:2016.02.12

東京都は、「東京都下水道事業 経営計画2016 ~暮らしを支え、未来(あす)の環境を創る下水道~」を策定したと発表した。同計画は、平成28年度から平成32年度までの5か年を計画期間とするもので、以下の3つの経営方針のもと、「東京2020オリンピック・パラリンピックの開催」と「その後の東京のあり方」を見据え、下水道サービスのさらなる向上に取り組む。1)利用者の安全を守り、安心で快適な生活を支える、2)良好な水環境と環境負荷の少ない都市の実現に貢献する、3)最少の経費で最良のサービスを安定的に提供する。2)では、雨天時に放流される汚濁負荷量を削減する「合流式下水道の改善」、赤潮発生の一因であるちっ素・りんを除去する「高度処理」、エネルギー活用の高度化と温室効果ガスの削減を図る「エネルギー・地球温暖化対策」、に取り組むとしている。

新着情報メール配信サービス
RSS