経産省、電気冷蔵庫・電気冷凍庫の省エネ基準を策定

発表日:2016.03.01

経済産業省は、「エネルギーの使用の合理化等に関する法律(省エネ法)」に基づく電気冷蔵庫及び電気冷凍庫の新たな省エネ基準(トップランナー基準)について、平成28年3月1日付で公布・施行したと発表した。トップランナー基準は、現在商品化されている製品の省エネ性能をベースとし、技術開発の将来の見通し等を踏まえて策定した基準。今回の電気冷蔵庫及び電気冷凍庫に係る新たな目標基準値の達成により、目標年度(2021年度)において、2014年度実績値と比べ、電気冷蔵庫は22.0%、電気冷凍庫は12.7%エネルギー消費効率(年間消費電力量で評価)が改善されることになる。あわせて、トップランナー基準の見直しに伴い、小売事業者表示制度における遵守事項が改正された。これにより、小売事業者が行う表示(統一省エネルギーラベル)のうち多段階評価基準は、省エネ基準達成率100%以上のものが最高ランク(5つ星)に位置づけられる。また、エネルギー消費効率の測定方法の変更に伴い、今後は、新たな測定方法に基づく表示になるという。

新着情報メール配信サービス
RSS