環境省、第3回大気汚染に関する日中韓三カ国政策対話の結果を公表

発表日:2016.03.04

環境省は、平成28年2月23日・24日に東京で開催された「第3回大気汚染に関する日中韓三カ国政策対話」の結果を公表した。同会合は、平成27年の第17回日中韓三ヵ国環境大臣会合(TEMM)、同年11月の日中韓サミットでの合意に基づき、開催されたもの。今回、大気汚染政策に関する全般的な進捗状況やPM2.5に関する現状と対策等について、三カ国で情報共有・意見交換を行った。また、今後政策対話を通じてより具体的な大気汚染対策を実施するための議論を強化していくことで一致し、平成28年4月に開催予定のTEMM18に向けて、三ヵ国による新たな取組内容を具体化してくこととなった。日本では、アジア地域における清浄な大気の共有に向け、同政策対話をはじめとする地域的取組を、今後も推進していくという。なお、次回の政策対話は平成29年2月頃に中国で開催される予定。

新着情報メール配信サービス
RSS