東芝、ハウステンボスの自立型水素エネルギー供給システムが運転を開始

発表日:2016.03.14

(株)東芝は、ハウステンボス(株)のスマートホテル第2期棟に納入した自立型水素エネルギー供給システムが完成し、2016年3月14日に運転を開始したと発表した。同システムは、同社独自の水素EMS(エネルギーマネジメントシステム)により、再生可能エネルギーと水素を活用して、電力を安定的に供給できるCO2フリーの自立型水素エネルギー供給システム。日照時間が長い夏季に太陽光で発電した電気の余剰電力を利用して、水素製造装置で水を電気分解し、製造した水素をタンクに貯蔵する。冬季には、その貯蔵した水素を利用し、純水素燃料電池で発電することにより、水と太陽光発電のみで年間を通じてホテル1棟12室分の電力を供給することができる。また、同システムには、水素を高密度で貯蔵できる水素吸蔵合金を用いた水素貯蔵タンクを採用しており、従来のタンクサイズと比較して10分の1まで小型化した貯蔵タンクによりシステムの省スペース化を実現したという。

新着情報メール配信サービス
RSS