川崎市とJFEエンジ、廃棄物発電を活用したシステムによるごみ収集の実証試験を開始

発表日:2016.03.17

川崎市とJFEエンジニアリング(株)は、日本初の廃棄物発電を活用した「ゼロ・エミッションシステム」によるごみ収集の実証試験を開始すると発表した。近年の地球環境問題に対する意識の高まりにより、化石燃料を用いるごみ収集車は、ハイブリッド型・天然ガス型など低炭素社会に寄与するものに置き換わる傾向にある。今回の実証試験は、ごみ焼却発電施設で発電する電力を活用し、電池交換型EVごみ収集車を用いたもの。特徴は、1)廃棄物発電を活用したエネルギー循環型の地球環境にやさしいシステム:走行中のCO2排出量・排出ガスがゼロ、オール電動化による静音な運行、2)電池ステーションの導入:電池を何時でも充電、複数電池の備蓄、スピーディに交換、3)災害時の非常用電源:電池交換型EVごみ収集車の電池を、災害対策拠点などの非常用電源として活用、となっている。両者では、実証試験を経て、電池交換型EVごみ収集車を活用したごみ収集の実用化を目指すという。なお、実証試験期間は、平成28年3月17日から平成29年3月31日である。

情報源 川崎市 報道発表資料
川崎市 報道発表資料(PDF)
JFEエンジニアリング(株) ニュースリリース
機関 川崎市 JFEエンジニアリング(株)
分野 地球環境
キーワード 廃棄物発電 | 焼却処理 | 電気自動車 | EV | JFEエンジニアリング | 川崎市 | 蓄電池 | 実証試験 | 塵芥収集車
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS