横浜市、緑と海がつながるカーボン・オフセットを実施

発表日:2016.03.18

横浜市は、「横浜ブルーカーボン・オフセットマーク」を利用した取組として、初めて緑と海がつながるカーボン・オフセットが実施されると発表した。環境未来都市・横浜市では、海洋資源を活用した脱温暖化プロジェクト「横浜ブルーカーボン」において、海域・臨海部における温暖化対策や環境活動などを推進している。今回、このプロジェクトを通じて、石井造園(株)が、2015年1月から12月までの自社工事におけるCO2排出量を国の制度を活用して、64t-CO2のカーボン・オフセットを行った。また、同社では、カーボン・オフセットにおけるクレジット購入と同額(83,000円)をNPO法人海辺つくり研究会による「海の環境活動」に寄附が行われた。

新着情報メール配信サービス
RSS