三重県、「三重県廃棄物処理計画」を策定

発表日:2016.03.23

三重県は、「三重県廃棄物処理計画」を策定したと発表した。同計画は、廃棄物処理法第5条の5の規定により、国の基本方針や社会情勢をふまえ、県内の廃棄物の現状や課題に対応した廃棄物の減量や処理に関して策定するもの。今回、平成27年度で現行計画の期間が満了するため、循環型社会の構築に向け、平成28年度以降の廃棄物の3Rと適正処理を推進するための計画を新たに策定した。計画期間は平成28年度から平成32年度の5年間で、廃棄物の3Rと適正処理を進め、環境の保全と安全・安心を確保しつつ、循環の質にも着目し、廃棄物を貴重な資源やエネルギーとして活用するとともに、協創による最適な規模での地域循環の形成に取り組むことにより、低炭素社会や自然共生社会につながる循環型社会の構築をめざす。また、取組方向として、1)ごみゼロ社会の実現、2)産業廃棄物の3Rの推進、3)廃棄物処理の安全・安心の確保、を設定し施策を推進していくという。

新着情報メール配信サービス
RSS