国交省、海運事業者等の省エネ取組・省エネ意識の共有と今後の省エネ施策の検討を実施

発表日:2016.03.30

国土交通省は、平成28年3月30日に開催された「第2回内航海運の省エネルギー化の促進に関する検討会」の結果を発表した。同省海事局では、内航海運の省エネルギー化の促進に関する検討会を設置し、2030年度のCO2排出削減目標の達成に向けて、省エネ推進にかかる取組等について検討を行っている。今回、第2回会合を開催し、海運事業者における省エネ化への取組や業界に対するヒアリング・アンケート結果を共有し、今後必要とされる具体的な省エネ施策の検討に向けた審議を行った。海運事業者における省エネ化の取組からは、革新技術の実証の有効性や最適な航路計画や減速運航の有効性が共有され、ヒアリング・アンケート調査からは、省エネ効果や費用対効果を見える化する制度(省エネ性能格付け制度)の創設等の必要性が共有された。次回会合は4月27日に開催され、具体的な省エネ施策の方向性を提示して審議を行う予定。

新着情報メール配信サービス
RSS