東芝、JR東日本から自立型水素エネルギー供給システムを受注

発表日:2016.03.24

(株)東芝は、東日本旅客鉄道(株)(JR東日本)から、川崎市にあるJR南武線武蔵溝ノ口駅に設置する自立型水素エネルギー供給システムを受注したと発表した。同システムは、同社独自の水素EMS(エネルギーマネジメントシステム)により、再生可能エネルギーと水素を活用して、電力を安定的に供給できるCO2フリーの自立型水素エネルギー供給システム。今回受注したシステムは、地震などの災害時にライフラインが寸断された場合においても、系統電源に頼ることなく、必要なエネルギーを自給自足できる。屋上に設置された太陽光パネルから供給される電力で水素を製造し、水素タンクに貯蔵する。災害時には、水素タンクの水素を使用して燃料電池で発電し、駅舎の一部の照明などに必要な電力を供給する予定。また平常時にも、電力を供給するほか、水素EMSによって、水素の製造量、蓄電量、発電量などを最適に制御するという。

新着情報メール配信サービス
RSS