三重県、「三重県の気候変動影響と適応のあり方について(報告書)」を作成

発表日:2016.04.28

三重県は、「三重県の気候変動影響と適応のあり方について(報告書)」を作成したと発表した。この報告書は、地球温暖化防止のために温室効果ガスの排出抑制を行う「緩和」だけでなく、既に現れている影響や中長期的に避けられない影響への「適応」を推進するために、三重県における温暖化の現在の状況と、将来予測される影響を中心にとりまとめたもの。1)気候の変化と将来予測:世界と日本国内における気候変化に関する情報と併せて、三重県における気候の変化と将来の予測について、2)気候変動影響の現在の状況と将来予測:県内における「現在の状況」と「影響予測情報」について、3)気候変動影響の適応のあり方:三重県における適応策推進についての基本的な方向性。同県では、県内で既に現れている温暖化の現在の状況や将来予測される影響を周知していくとともに、「適応」策の取組を進めていくという。

新着情報メール配信サービス
RSS