NEDO、マレーシアで2階建てEVバスシステム実証を実施

発表日:2016.06.06

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、マレーシアのプトラジャヤ市において、大型の2階建て(ダブルデッカー)EVバスシステムの実証を実施すると発表した。マレーシアの行政首都であるプトラジャヤ市は、都市計画としてグリーンシティを掲げているなど、マレーシア及びASEAN地域に向けたEVバスのショーケースとして、最適な都市と見られている。今回の実証は、2015年度から実施している同市とのEVバスシステム実証事業の中で新たに開始するもので、2016年6月3日に同市とNEDOとの共同研究に係る基本協定書(MOU)の改訂を行っている。大型のダブルデッカーEVバスは、同市の協力を得て開発されたもので、最適な容量の蓄電池搭載と10分間充電を実現する大電力充電技術により、ディーゼル並みの運行性能を有する車両。今回の実証により、同市の都市交通システムの効率向上によるスマート化を図るとともに、都市交通パッケージ事業の広域展開を目指すという。

新着情報メール配信サービス
RSS