広島大など、アンモニアから燃料電池自動車用水素燃料を製造に成功

発表日:2016.07.19

広島大学、昭和電工(株)及び大陽日酸(株)は、産業技術総合研究所、(株)豊田自動織機との共同研究により、アンモニアから燃料電池自動車用高純度水素を製造する技術の開発に成功したと発表した。アンモニアは、多くの水素を含んでおりエネルギーキャリアとして期待されている。今回、アンモニア分解用ルテニウム系触媒の調製、アンモニア除去材料の作製及び水素精製技術を確立することにより、それらを用いたアンモニア分解装置、残存アンモニア除去装置及び水素精製装置を実証システムの1/10スケールで開発した。これらの装置を組み合わせることで、燃料電池自動車用水素燃料(アンモニア濃度0.1ppm以下、窒素濃度100ppm以下、水素純度99.97%以上)の製造が可能となった。将来、アンモニアを利用する燃料電池自動車用水素ステーションの実現が期待され、ひいてはCO2削減に大きく貢献することになるという。

新着情報メール配信サービス
RSS