京都市、2014年度の温室効果ガス排出量を公表

発表日:2016.07.29

京都市は、2014(平成26)年度の京都市域における温室効果ガス排出量を公表した。2014年度の総排出量は約782万トン-CO2であり、前年度(2013年度)に比べて約10万トン-CO2、1.3%の減少となり、地球温暖化対策条例に定める削減目標の基準年度(1990年度)と比べて約1.7万トン-CO2、0.2%の減少となった。東日本大震災以降、火力発電に著しく依存した電源構成へと変化したことから、電気のCO2排出係数が悪化し、温室効果ガスの排出量は増加傾向にあった。しかし、市民・事業者による省エネルギーや節電等の取組によって、総エネルギー消費量が1990年度以降で最も少なくなり、温室効果ガスの排出量は2年連続で減少となった。なお、電気のCO2排出係数を遡って1990年度の値で固定した場合、温室効果ガス排出量は1990年度に比べて17.5%減少し、1990年度以降で最も少なくなるという。

新着情報メール配信サービス
RSS