NEC、高級漆器のような黒色系バイオプラスチックを開発

発表日:2016.08.17

日本電気(株)(NEC)は、京都工芸繊維大学らと共同で、非食用植物を原料とした樹脂(セルロース樹脂)を使い、漆器がもつ漆黒(漆ブラック)を実現したバイオプラスチックを開発したと発表した。同社はこれまで、電子機器などの耐久製品向けに、非食用植物を使ったセルロース系など独自のバイオプラスチックの開発を進めてきた。今回開発したセルロース系バイオプラスチックは、著名な漆芸家の協力と学識者の科学的解析に基づいて開発した「着色性や光の反射性を調整する添加成分の配合技術」を用いて、漆ブラックと同等の光学特性(低明度や高光沢度など)を初めて実現したもの。高い環境調和性と高度な装飾性を両立し、金型を使った通常のプラスチックの成形工程で生産できる様々な形をした製品の量産が可能である。今後、高級自動車の内装部材、装飾性を要する高級建材・電子機器などの耐久製品用途での利用を目指し、パートナー連携を進めていくという。

新着情報メール配信サービス
RSS