茨城大など、アルミニウムによる水素化反応触媒などの開発可能性に接近

発表日:2016.08.25

茨城大学、京都大学及び近畿大学は、低酸化状態のアルミニウム化学種であるアルミニウム間二重結合化合物(ジアルメン)を用いて、常温・常圧の状態で水素分子を活性化し、水素化アルミニウム化合物を得ることに成功したと発表した。水素吸蔵材料や水素添加触媒にはレアアースなどの希少金属元素が用いられているが、地殻に豊富に存在し環境調和性も高いユビキタス元素(ありふれた元素)で代替できれば、資源の枯渇に起因するリスク低減などが期待できる。今回研究グループでは、低酸化状態のアルミニウム化合物であるジアルメンを用いることで、穏やかな反応条件での水素分子の還元的な活性化に成功した。この成果は、豊富元素であり環境調和性も高いアルミニウムを用いた、水素化反応触媒や水素貯蔵材料の開発などにつながることが期待されるという。

新着情報メール配信サービス
RSS