NEDOとNTTファシリティーズ、米国テキサス州でデータセンターの省エネ実証を開始

発表日:2016.08.26

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と(株)NTTファシリティーズは、米国テキサス州のテキサス大学オースチン校と共同で、データセンターの省エネ化を実現するための高電圧直流(HVDC)給電システムを同校内に導入し、実証試験を開始したと発表した。近年、ICTの普及拡大により、データセンターで扱う情報量が増大している。これに伴い、データセンターの消費電力量が急増しており、同施設の省エネ化が世界的な課題となっている。HVDC給電システムは、外部から供給された電力を内部のICT機器に給電する課程で行われる、交流-直流、直流-直流変換段数を減らすことで、データセンター全体の電源変換効率を向上させる給電システム。今回の事業では、同校内の先端コンピュータセンター(TACC)に、大容量(500kW級)HVDC電源装置やリチウムイオン電池などを組み合わせた省エネ実証システムを導入することにより、従来のシステムに比べ15%の省エネ効果実現を目指すという。

情報源 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) ニュースリリース
(株)NTTファシリティーズ ニュースリリース
機関 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) (株)NTTファシリティーズ
分野 地球環境
キーワード 省エネルギー | 新エネルギー・産業技術総合開発機構 | NEDO | 実証 | 消費電力 | NTTファシリティーズ | ICT | データセンター | テキサス大学 | HVDC
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS