静岡県、平成27年度末の汚水処理状況を公表

発表日:2016.09.05

静岡県は、平成27年度末の汚水処理状況を公表した。同県では、平成25年度に策定した「静岡県生活排水処理長期計画」において、平成42年度の汚水処理人口普及率90.9%という目標を設定している。今回、平成27年度末の静岡県における汚水処理人口普及率は78.7%となり、平成26年度末の77.8%から0.9ポイント上昇した。処理人口普及率を各処理施設別にみると、下水道62.1%、農業集落排水施設等0.8%、合併処理浄化槽15.4%、コミュニティ・プラント0.4%となった。同県では、今後も汚水処理人口普及率を着実かつ継続的に高めていくため、下水道の整備を引き続き進めるとともに、合併処理浄化槽の設置の促進を図っていくという。

新着情報メール配信サービス
RSS