トヨタ、純水素燃料電池を活用したエネルギーの最適運用に向けた実証試験を開始

発表日:2016.09.12

トヨタ自動車(株)は、愛知県豊田市の本社工場敷地内に、定置式の純水素燃料電池を導入し、2016年9月12日より運転を開始したと発表した。同社では、「工場CO2ゼロチャレンジ」の実現に向けた取り組みを進めており、その一環として、エネルギー管理棟に、(株)東芝が開発した小規模オフィス向けの純水素燃料電池(定格出力3.5kW)と、太陽光発電、ハイブリッド車の使用済みバッテリーを再利用した蓄電池を組み合わせたエネルギーマネジメントシステムを導入した。エネルギー需要予測を行い、主に純水素燃料電池を使用するが、発電量が不安定な太陽光発電による電力の蓄電や、燃料電池から出る廃熱の空調利用なども行い、エネルギー最適運用を目指す。同社では、工場内建物での効率的な水素活用技術の開発と導入を進め、今後も「工場CO2ゼロチャレンジ」の実現に向けた取り組みを着実に進めていくという。

新着情報メール配信サービス
RSS